何だか最近頭皮が見える…そうなってくると気になるのがAGAなのかどうなのかです。ただ髪の生える密度が低いだけなのか、これからハゲていくのか…AGA検査ではっきりさせませんか?

タブレット型のAGA治療薬と薬用育毛剤

日本では、薄毛の悩みを抱えている人が、男女を問わず増えています。
日本全体で1000万以上の人が、薄毛や抜け毛で悩んでいると言われています。
そのため、ドラッグストアでは、薬用育毛剤がよく売れています。
男性に多いのがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。
毛髪には寿命があります。
毛髪は、毛周期という一定のサイクルにしたがって再生を繰り返しています。
髪は抜けるものなので、1日100本くらいの抜け毛なら、気にすることはないのです。
ヘアサイクルが正常に維持できていれば、薄毛になることはないのですが、様々な理由でヘアサイクルが乱れることがあります。
ヘアサイクルを乱すもののひとつが、DHTです。
DHTは、ジヒドロテストステロンの略で、男性ホルモンの一種です。
DHTは、男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きにより変化したもので、DHTが男性ホルモン受容体と結合するとヘアサイクルを乱してしまうのです。
ヘアサイクルが乱れると、髪が細く短くなり、薄毛の症状が進行してしまうのです。
男性型脱毛症は、進行性の脱毛症なので、症状に気づいたら、早めに医師の診断を受けることが大事です。
AGA治療の専門クリニックには、様々な治療法があります。
男性型脱毛症の治療には、育毛剤などの外用薬による治療と、内服薬による治療があります。
昔は、外用薬による治療が多かったのですが、最近では内服薬による治療を選択する人も増えています。
中でもタブレット型の治療薬は人気があります。
どの治療法を選択するかは、医師と相談して決めることになります。
専門クリニックでは、治療の前にカウンセリングがあり、治療について不安な点があれば医師に相談することができます。