何だか最近頭皮が見える…そうなってくると気になるのがAGAなのかどうなのかです。ただ髪の生える密度が低いだけなのか、これからハゲていくのか…AGA検査ではっきりさせませんか?

産毛を強く丈夫な毛にするAGA治療薬の偽物に注意

近年よく耳にするようになったAGA。
これは男性型脱毛症のことで、成人男性によくみられる薄毛の状態をいいます。額や生え際、頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴で、一般的には遺伝の他、男性ホルモンの影響が主な原因と考えられています。
またストレスや食生活が原因で一時的に髪が薄くなる場合とは異なり、AGAによる薄毛は進行するため、何もせずに放っておくと徐々に薄毛は進行してしまうので、早期に適切な治療を行うことが大切です。

AGAは通常、薄毛になっていても産毛は残っています。これは毛包が存在しているからで、この毛包が存在している限り、太く丈夫な髪の毛が育つ可能性は残っています。
軽い薄毛の場合なら、市販の育毛剤などで改善する場合もありますが、進行してしまった薄毛の場合には、専門のクリニックでの治療が効果的です。
クリニックでの基本的な治療は、プロペシアで薄毛の進行を抑え、ミノキシジルによって毛母細胞を活性化させるというのが一般的です。プロペシアは他の治療法を併用することでより高い効果を得ることができるため、こういった治療法がより高い効果を得ると考えられています。
ただ薄毛の状態や原因は人それぞれ違ってくるので、自身の症状が原因を見極めて、適切な薬や治療法を行うことが大切です。

クリニックに行く時間がない人や費用が気になる場合、市販薬を使って自力で発毛させようと思う人も少なくありませんが、そういった場合には、正しい効果がある薬かどうかを見極めることが大切です。
最近では通信販売などでより安く、さまざまな選択肢の中から医薬品を購入することができるようになりましたが、中には信憑性のないサイトや偽物の医薬品なども多数存在しています。こういった医薬品を服用することで、健康被害が起こる可能性もありますから、ある程度臨床結果があり、体質にあったものを選ぶことが大切です。